世界最小デジタルピアノ※ New Privia Debut

ピアノは大きくて重いもの。
そんな常識を覆したプリヴィアは、デビューから15年を迎え、自らの原点へと立ち返る。
「自分で楽しむための ピアノ=プライベートピアノ」という本来の個性を
カシオならではの高密度実装技術により突き詰め、
ハンマー付き鍵盤搭載のデジタルピアノとしては世界最小のスリムボディを実現。
さらに、ピアノとしての基本性能もグレードアップし、
新しい世代のプリヴィアが誕生しました。

  • ※ハンマーアクション付き88鍵盤・スピーカー内蔵デジタルピアノの
    奥行サイズにおいて(2019年1月現在、カシオ調べ)

MOVIEムービー

CASIO Privia PX-S1000 /
PX-S3000 Promotion Movie


Privia PX-S1000 特長紹介

Play your life Privia

Play

自分のスタイルで、弾きたいときに弾く。
いつでも心地良く演奏でき、弾く楽しみを与えてくれるのはグランドピアノを感じさせる音と鍵盤タッチ。

Listen

ピアノの新しい楽しみ。
Bluetoothスピーカーとして、スマートフォンの
お気に入りの曲を聴いたりセッションしたり。

Harmony

スリムでスタイリッシュにデザインされたプリヴィアが、
あなたのライフスタイルと調和し、
楽しい時間を提供します。

FEATURES特長

プリヴィアらしさを極める。

カシオの先進デジタル技術が、世界最小スリムボディと高品位なピアノクオリティの両立を実現

Design

世界最小のスリムボディで、スタイリッシュなデザイン
カシオならではの高密度実装技術を駆使し、さらなるスリム化を実現(当社現行モデル比で奥行サイズ約20%、高さ約27%のスリム化)。操作パネルにはタッチセンサーを採用し、ボタンの突起がない、シンプルでスタイリッシュなデザインに仕上げました。また、ケースの側面部を楔(くさび)形状にすることで、さらにスリムさが際立つシルエットとなっています。
  • ※ハンマーアクション付き88鍵盤・スピーカー内蔵デジタルピアノの奥行サイズにおいて(2019年1月現在、カシオ調べ)

Sound

美しく豊かなグランドピアノの音と響きを追求したマルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源
心地良く演奏できる、豊かで伸びのあるピアノ音
打鍵の強弱に応じた音量・音色の変化に加え、発音から消音するまでの時間による音色変化までもデジタル制御し、なめらかに表現します。
グランドピアノならではの「音」を表現したアコースティックシミュレーター
グランドピアノならではの豊かで美しい「響き」を生み出す、発音している音と倍音関係にある弦の共鳴音や、ダンパーペダルを踏むことで弦が開放されて起こる弦の共鳴音を表現。さらに、鍵盤を弱く押したときや鍵盤から指を離した時に聞こえる機構音までも表現し、グランドピアノならではの音を感じることができます。

Touch

アクション機構の大幅な小型化と自然な弾き心地を両立した、新開発「スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤」
グランドピアノのような感覚で演奏できる88鍵デジタルスケーリング
グランドピアノは88鍵それぞれのハンマーの大きさや重さにより、1鍵ごとにタッチ感の違いが生じます。音域ごとの発音タイミングの違いを再現したこれまでのハンマーレスポンス機能に加え、発音の大きさを1鍵ごとにデジタル制御することで、グランドピアノを弾いているような感覚での演奏を可能にしています。
優れた連打性を可能にするキーオフレスポンス
指を離す際の鍵盤の動きをもとに、消音するタイミングをデジタル制御。同音連打の際、鍵盤を戻しきらなくても、次の音がしっかりと発音されます。

プリヴィアの可能性を拡げる。

デジタルならではの強みを活かし、新しい楽しみ方を提供

Bluetooth®オーディオによるオーディオ再生機能

◎スマートフォン/タブレット内のお気に入りの曲をプリヴィア本体のスピーカーで聴けます。その音に、ライブ感あふれる「サラウンド」効果をかけることも可能です。◎プリヴィアで演奏して、そのお気に入りの曲とセッションが楽しめます。
  • ※Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG、Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。

デジタルピアノ演奏をより身近に、より楽しくするアプリ「Chordana Play for Piano」

プリヴィア本体とスマートフォン/タブレットを接続して、プリヴィアを一層快適に使いこなすことができます。
[ピアノリモートコントローラー]
プリヴィア本体の音色切り替えなどの各種設定がスマートフォン/タブレットのアプリ画面上で行えます。

ピアノリモートコントローラー画面

[PDF楽譜ビューワー]
PDFファイル化された楽譜を表示することができます。

PDF楽譜ビューワー画面

[AUDIOプレイヤー]
スマートフォン/タブレット内の曲データの、テンポや音程の変更、任意の区間のリピート、メロディキャンセルなどの操作が行えます。
  • ※メロディキャンセルは、オーディオデータによっては全てキャンセルできない場合があります。
  • ※プリヴィア本体とスマートフォン/タブレットを接続してのスマートフォン/タブレットによる本体機能コントロールには、別売のUSBケーブルやアダプターが必要になります。(AUDIOプレーヤー機能は、Bluetoothオーディオによる接続が可能です。)

弾く場所を選ばない、乾電池での使用に対応

使用シーンが拡がる2電源方式を採用しています。(単3形アルカリ乾電池×6本または家庭用AC電源)

INTERVIEWインタビュー

商品企画×プロダクトデザイン対談

New Priviaが目指した、
「原点回帰」からの「革新」

New Priviaの開発に携わったチームを代表して、
商品企画を担当した池田 晃とプロダクトデザインを担当した神出 英が対談、
開発のコンセプトやこだわりについて語りました。

事業戦略本部
楽器BU商品企画部 第三企画室

池田 晃

開発本部 デザイン統轄部
プロダクトデザイン部 第二デザイン室

神出 英

革新的なコンパクト化のため、妥協せず取り組んだ

[池田] Newプリヴィアが目指したのは「原点回帰」です。その最も大きな理由は市場での独自性が弱まったことにあります。コンパクトデジタルピアノの市場は、2003年のプリヴィア初号機の発売以来、カシオが開拓してきたと自負していますが、この15年でマーケットが変貌し、独自性が突出しているとは言えなくなってきました。再びプリヴィア独自のポジションを確立するために原点に立ち返り、カシオしかできないコンパクト化を目指すことになったのです。

[神出] 目標のサイズはこれまでにないものでしたが、プロダクトデザインチームにもできるだけ小さくしたいという思いがあり、高いモチベーションを持ちました。

[池田] 実は開発に先立って国内外のコンパクトピアノのユーザーにアンケート調査を行ったところ、今、市場に流通している製品のサイズにはまだ満足していないという声が多いことがわかりました。

[神出] プリヴィアのコンセプトは「自分が楽しむために弾くピアノ」で、インテリアに調和するデザインが求められており、当初は木目調の素材を使うなどコンサバティブなスタイルを考えていましたが、これが大きく変わりました。

[池田] 開発チームで方向性のイメージ共有を重ねていたのですが、もっと先進性を打ち出していこうという声が段々大きくなったのです。

[神出] アコースティックピアノの風合いを取り入れつつ先進的に、という方向が、従来のピアノのイメージを刷新する先進感を目指し、もう一度初代プリヴィアが市場に与えたインパクトを超えるものを提案したいという方向に変わっていきました。

[池田] これ以上のコンパクト化は鍵盤の性能やスピーカーの機能に影響が出るのではないかという心配もありました。しかし、デジタルピアノとしての品質を損なうことなくコンパクトにすることはプリヴィアが初号機からやってきたことです。
鍵盤や音響性能には一切の妥協をせず、試行錯誤を繰り返し、日夜開発に取り組みました。そのかいあって、ハンマーの大型化、キーオフレスポンス技術の開発により、高い演奏性を実現しながら、本体の奥行きサイズを従来モデルから20%小型化することに成功しました。

無駄をそぎ落とし、新たな価値を加えた

[神出] プロダクトデザインでは徹底的に無駄をそぎ落とす方向で取り組みました。実は以前デザインで先行検討したアイデアがあり、それをベースに考えていきました。

[池田] そのアイデアでタッチボタンが提案されていたんですよね。やったことのないチャレンジなので商品企画チームのモチベーションも上がりました。

[神出] 実はユーザーから、弾いている途中に操作ボタンが目に入ると演奏に集中できないという声を聞いていました。鍵盤を際立たせて演奏に集中してもらうために、タッチボタンは最適でした。

[池田] ユーザーの声を大切にしたということですね。今回新たな機能として搭載したBluetoothオーディオによるスマートデバイスとの連携もユーザーの声を参考しています。やはりピアノ本体だけでは限界があります。そこで外部からの楽しみを与えることができれば、ピアノを弾く楽しさも広げることができます。

[神出] その他にも譜面立てを背面に設置できるようにしました。パネル部には光沢感のあるアクリルを使っているので、これまでのようにそこに穴を開けるのは美しさを損なってしまう。これまでのプリヴィアを超える美しいスタイルを表現したかったんです。

[池田] NEWプリヴィアのPX-S1000はブラック、ホワイトと2色のカラーを揃えましたが、ブラックモデルは電源を切った時にタッチボタンの存在が分からなくなります。ボディのシンプルな美しさを際立たせるためにこだわったところでもあります。

「ここまでできるのはプリヴィアだけ」を実現できた

[神出] NEWプリヴィアは原点回帰を経て先進性をまとった、大人が趣味でかっこよく弾くためのデジタルピアノになりました。池田さんはコンパクトさに注目してもらいたいという気持ちでしょうか。

[池田] もちろん鍵盤の開発はピアノ開発の根幹と言えるほど重要です。ここまでできるのはプリヴィアだけ、ということは実現できたと思います。同時に音響にも注目してほしいですね。カシオ独自の音源によるピアノ音色をより表情豊かに響かせるため、ふさわしいスピーカーを搭載できたと思います。また、このクラスの従来モデルでは搭載していなかった弦の共鳴音や、鍵盤を離すときの機構音をも表現でき、「グランドピアノ特有の音」の体感ができるようになりました。

[神出] ここまでの革新性が実現できると次への期待も沸き上がります。究極は鍵盤だけのピアノを作ってみたいですね。

PRODUCTS製品紹介

PX-S1000

デザインから機能まですべてが新しく生まれ変わったNEWプライベートピアノ

PX-S3000

豊富な音色&リズムで、幅広いジャンルの演奏が楽しめる

2003

Product NamePX-100

ピアノへの憧れを現実にした“Privia”1号機

テーブルの上や別売のスタンド付きで演奏するなど、自由なスタイルで楽しめるコンパクトタイプ。
グランドピアノの強打/弱打音を独立してサンプリングした、デジタル音源を搭載。

2003

Product NamePX-300

コンパクトなボディのPriviaステージモデル1号機

豊富な168音色や自動伴奏機能、ラインアウト端子など、ステージに役立つスペックを搭載。

2005

Product NamePX-110

表現の幅を広げたZIP音源搭載モデル

グランドピアノの原音を再現する“トリプルエレメントZPI音源”を搭載。3本ペダルユニットにも対応 。

2005

Product NamePX-310

軽量スリムボディに多彩な装備を満載したステージ向けモデル

Priviaならではのスリムでスタイリッシュなデザイン、軽量設計を追求。
GM音源を含む202音色やMIDI機能、ラインイン/アウト端子など、ライブ演奏に役立つ多彩な装備を満載。

2005

Product NamePX-700

3本ペダルを装備したスタンド一体型の一号機

スライド式鍵盤カバー付きのスタイリッシュなフォルム。
強打/中打/弱打音を独立してサンプリングすることで、強弱を表情豊かに表現。

2009

Product NamePX-130

自然でなめらかな強弱表現を追求したコンパクトモデル

モーフィング技術を採用し、つなぎ目のないなめらかな音色変化を実現した“リニアモーフィングAIF音源”を搭載。
奥行286mm、質量11.2kgの小型・軽量ボディは移動や収納にも便利で、幅広い演奏シーンに対応。

2009

Product NamePX-330

高品位な音と鍵盤、多彩な拡張性がライブや音楽制作に威力を発揮

自然で滑らかな音色変化を実現した“リニアモーフィングAIF音源”、連打性に優れた3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤が、グランドピアノに迫る表情豊かな演奏表現を実現。
録音機能、多彩な端子類など、スタジオで真価を発揮する機能も充実。

2009

Product NamePX-830BP

光彩を放つラグジュアリー仕様のPrivia

グランドピアノさながらの高級感あふれるブラックポリッシュ仕上げ。
エレガントな佇まいが上質なインテリアを思わせる特別な一台。

2012

Product NamePX-150

豊かな響きを自由なスタイルで楽しめる2ウェイタイプ

テーブルの上でも、スタンド付きでも演奏可能。
“マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源”の奏でるグランドピアノならではの自然で豊かな響きを、思うままに楽しめるコンパクト&軽量モデル。

2012

Product NamePX-5S

プロクオリティの演奏性を発揮する高性能Privia

独創のサウンド&パフォーマンスで、ライブに最適なプロクオリティの演奏性を実現。
電池駆動にも対応し、ストリートやアウトドアでの演奏にも対応。370音色(GM対応)を内蔵。

2012

Product NamePX-850

グランドピアノの豊かな響きと繊細な余韻を再現

88鍵盤全てで異なる弦の共鳴音を精巧にデジタル技術でシミュレート。
発音から消音の音量・音色変化を境目なく自然に再現する“マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源”を搭載。
グランドピアノの大屋根開閉をシミュレートした天板開閉構造も採用。

2013

Product NamePX-A100

Privia生誕10周年を記念したメタリックカラーモデル

10種類の豊富なグランドピアノ音色と、世界的に有名なコンサートホールの、それぞれに異なる音の響きを表現する「ホールシミュレーター」を搭載。
メタリックレッド&メタリックブルーの2カラーをラインアップ。

2013

Product NamePX-A800

Privia10周年を記念したナチュラル志向のプリヴィア

天板開閉構造や高出力ステレオスピーカーで美しく豊かな響きを実現。木のぬくもりを感じられる限定モデル。

2015

Product NamePX-560M

直感的に操作できるカラー液晶搭載モデル

AiR音源による充実の650音色や、演奏中のサウンド調整がリアルタイムに行える3連ノブ、モジュレーションホイールなどステージピアノに求められるスペックを多彩に装備。