CASIO Privia PX-S1000 × mesm Tokyo, Autograph Collection
feat.Billboard Live

ー私にインスピレーションを与えてくれる 矢井田 瞳さんー

 2020年4月、東京・竹芝エリアにオープンしたラグジュアリーホテル「メズム東京オートグラフ コレクション」(以下、メズム東京)。“オートグラフ コレクション”とは、独自性、高い品質、ホスピタリティを備えた唯一無二の個性を持つホテルに冠されるマリオット・インターナショナルが展開するブランド名であり、メズム東京では「TOKYO WAVES」をコンセプトに、絶えず変化する東京の“今”をベースとしたサービスやコンテンツを展開している。なかでも注目なのが、同ホテルの全265室のすべてに用意されたCASIOのデジタルピアノ「Privia PX-S1000」だ。今回は、シンガーソングライターの矢井田 瞳さんがPrivia×メズム東京の魅力に触れた。

ー人間の感性を表現できる電子ピアノー

 矢井田 瞳さんといえば、ギターを構えている姿がパッと頭に浮かぶ。けれども、ご本人によれば音楽との出会いはピアノだったという。

「振り返ってみると、最初に触れた楽器はピアノでした。小学生の頃、習い事の一つとしてピアノを教わっていたんです。家にはアップライトのピアノがあって。ギターを弾くようになって、デビューしてからはギターで曲を作ることが多くなりました。でも、ギターだけだと発想が似てきちゃうので、たまにピアノを使っています。新しい景色が見えてくるんですね」

そう言いながら矢井田さんは、メズム東京の26階「chapter 4 Suite Luxe」の部屋に置かれたCASIO Privia の鍵盤に両手を置いた。そして感触や音色を確かめるように、丁寧にメロディを奏でた。

コロナ禍で、配信ライブを経験した矢井田さんは、「子育て中で来られない方や遠方の方も見てくれて、プラスのこともありました」と語った。


 「鍵盤のタッチって大事なんですが、Priviaは適度な重みがあって好ましいですね。この手の電子ピアノはタッチが軽すぎるものが多くて、弾いたときにペコっとなって気持ちと合わないことが多いんです。でもこれはタッチがいいうえに、打鍵の強弱で音量だけでなく、音色までコントロールできます。強く弱くだけでなく、優しく激しくというように、人間の感性を表現してくれます。そこが素晴らしいと思いました」

ー黒いPriviaをリビングに置きたいー

 コロナ禍にあって、矢井田さんも自宅で創作活動に励むことが多くなったという。

「ピピっとひらめいたときにすぐに音を出したいので、家にはギターと電子ピアノのほかに、電子ドラムやベースなど、ほとんどの楽器を揃えています。コロナ禍になってから家で音楽を作る時間が長くなって、曲想を練ったりアンサンブルを考えたり、自宅でもいろいろなことができるんだなと、改めて感じています」

自宅に楽器を揃える矢井田さんが注目したのは、Priviaのデザインだ。

「確かに、いろいろなところが薄くて、シンプルでこれなら部屋に置いても邪魔になりませんね」


 「ボタンやスイッチがごちゃごちゃ付いていない、シンプルなデザインが私の好みです。あと、ボディが薄くてコンパクトなのもいいですね。シンプルでコンパクトだから、インテリアとケンカをしないはずです」

では、矢井田さんだったら、何色のPriviaを自宅のどこに置いて、どんな使い方をするだろう?

「うーん、まず色は黒で、リビングに置きたいと思います。さぁピアノを弾くぞ、って気合を入れるんじゃなくて、通りがかりにポロロン、って気軽に弾く感じにしたい。そういう風に、生活の中にPriviaが溶け込んでいる絵が浮かびますね」

ー初めてのビルボードライブに心が躍るー

 2020年は、矢井田さんにとってデビュー20周年のアニバーサリーイヤー。オリジナルアルバムの発表をはじめとして、制作活動を精力的にこなした。

「20周年を迎えるにあたって、自分がこんなに長く音楽活動を続けられていることに、周囲への感謝の気持ちがありました。だから区切りのアルバムはベストアルバムではなく、未来を感じさせるオリジナルアルバムにしたかった。そんな思いが実現できて幸せでした」

20周年ですが、さすがに20年の間にはいろいろとあって、さっと振り返ることはできないですね(笑)」と矢井田さん。周囲の人への感謝を口にした。


「20周年ですが、さすがに20年の間にはいろいろとあって、さっと振り返ることはできないですね(笑)」と矢井田さん。周囲の人への感謝を口にした。

では、20年にわたってモチベーションを保ち、インスピレーションを枯らさないようにするには、どんな工夫があったのだろうか。

「デビューして4、5年は、誰かとコラボをしたり、イベントでみんなと演奏したりするのが怖かったんです。自意識過剰だったせいもあるし、自分に自信がなかったという理由もあったと思います。でもあるとき、尊敬できる先輩から、想像できない環境にあえて身を置いてみるといいというアドバイスをいただいたんです。実際に一緒にやったことのない人と組んだり、新しい編成にチャレンジしたりしてみると、すごく刺激的で得るものが多かった。なので、長く活動するためにはチャレンジすることが大事かなと思います」

そして4月から 5月にかけて、矢井田さんは単独では初となる、ビルボードライブでの公演にチャレンジする。

「オーディエンスとして何度かビルボードライブに足を運んだことがあって、お酒や食事と一緒に生音が楽しめる、大人の空間という印象でした。もう一つ、ミュージシャンがリラックスして、“素”の自分をさらけ出すハコでもあります。東京、大阪、横浜のビルボードライブで演奏させていただくんですが、あの舞台に自分が上がるのかと想像するだけでわくわくしてきます」

ビルボードライブという会場について、「格式が高いのと同時に、ミュージシャンの素顔が見えるところが魅力です」と語る。今度は、単独公演としては初めて自身がビルボードライブの舞台に上がる


ーPriviaで夢のコラボが実現する!?ー

 矢井田さんはメズム東京の26階のバルコニーに出て、浜離宮恩賜庭園や隅田川など、東京ウォーターフロントの景色をじっと眺めている。

今ではすっかり東京の暮らしになじんだ矢井田さんであるけれど、大学を卒業して本格的に音楽活動に取り組むために上京した頃は、東京が嫌で嫌で仕方がなかったそうだ。

「もう、新大阪から新幹線に乗って東京に向かうだけでじんましんが出てくるぐらいでした(笑)。無言でスタスタ歩く東京の人が冷たいと思ったんですね。でも友だちができて、行きつけのご飯屋さんも増えて、いまではこんなに便利で素敵な街はないと思いますけれど」

そして矢井田さんは、「でも、ここは私が知っている東京とは全然違いますね」と言ってバルコニーから部屋を眺めた。

「メズム東京は、高級感と機能性がいい具合のバランスしていると思います。気持ちを切り替えたり、落ち着けたりできると思いました」


「さり気なく置かれているアートピースがすごく凝っていたり、バルコニーにはアジアの高級リゾートホテルの雰囲気があったり、東京に住んでいる私でも来たくなるホテルです。曲作りのために江ノ島や埼玉県の長瀞に行って気分転換をすることがあるんですが、このホテルもいいですね。しかも全室にPriviaがあるというから、なおさらです」

取材の最後に、矢井田さんはご自身のスマートフォンをBluetoothでPriviaと接続、音楽を流してスピーカーの音質を確かめた。

「スピーカーとしてもすごく優秀で、音がいいですね。これに自分のピアノの音を重ねたら、いろいろな遊びができると思います。私なら、そうだな、レディ・ガガのピアノの弾き語りを流して、私も熱唱するとか(笑)。夢が広がります」

矢井田さんとガガの夢のコラボ──。確かに、夢が広がる。

▼Privia PX-S1000スペシャルサイトはこちら▼

【公演情報】
矢井田 瞳

ビルボードライブ東京:2021年4月14日(水)
1st Stage Open 14:00 Start 15:00
2nd Stage Open 17:00 Start 18:00
公演詳細はこちら
 
ビルボードライブ大阪:2021年4月16日(金)
1st Stage Open 14:00 Start 15:00
2nd Stage Open 17:00 Start 18:00
公演詳細はこちら
 
ビルボードライブ横浜:2021年5月3日(月)
1st Stage Open 14:00 Start 15:00
2nd Stage Open 17:00 Start 18:00
公演詳細はこちら
また本公演はオンライン配信もございます。
▼視聴方法
オンライン視聴料:¥2,800-
https://billboard.spwn.jp/events/21050318-billboard  

販売期間4/13(火)18:00~5/10(月)16:00
視聴可能期間:5/3(月・祝)18:00~5/10(月)18:00
 
※直近の情勢により、急遽中止または延期させて頂く場合がございます。
その際はビルボードライブWEBサイト他にて改めてアナウンスさせて頂きますので、ご了承くださいませ。

メズム東京、オートグラフ コレクション

住所|東京都港区海岸1丁目10番30号 ウォーターズ竹芝タワー棟4Fおよび16F~26F
客室数|265室(客室フロア17F~26F)
付帯施設|レストラン『シェフズ・シアター』、バー&ラウンジ『ウィスク』、宴会場『ザ・バンケット』、クラブラウンジ『クラブメズム』、プライベートサロン『クラブ メズム』、フィットネス
料金|6万5527円~(1泊1室 2名朝食付、税・サ込)
Tel.|03-5777-1111
URL|https://www.mesm.jp
アクセス|JR山手線・京浜東北線 / モノレール浜松町駅より徒歩6分、新交通ゆりかもめ竹芝駅より徒歩3分