ピアニスト/YouTuber
角野隼斗(Cateen)さん
CASIO電子楽器アンバサダー就任!
【記念インタビュー】
YouTubeチャンネル
登録数68万人を越え、
総再生回数7000万回以上を誇り、
幅広いジャンルで活躍する
今大注目のピアニスト/YouTuber
角野隼斗さん(Cateen かてぃん)。
今回はCASIO電子楽器
アンバサダー就任を記念して、
角野さんにお話を伺いました!

ー普段からPrivia PX-S1000を愛用ー

  CASIOさんとの出会いは2年くらい前で、そこからいろいろと一緒に仕事をさせていただいて・・・なので、今回のアンバサダー就任というのはとても光栄ですね。お話をいただいたときも「ぜひ!」という感じでした(笑)。
  実際に僕も普段から「Privia PX-S1000」を使っているんですけど、何より音とサイズ感、デザインが気に入っています。僕のPriviaは赤色で、部屋の中のいい差し色になっていて、でも悪目立ちせずインテリアに自然に馴染むのが好きですね。あと、何よりピアノの音が綺麗で、練習でももちろん、配信やLIVEでもよく使っています。88鍵ある電子ピアノってだいたい大きなものが多いんですが、「Privia」はすごくスリムで持ち運びも簡単なので、いろんなシーンで使わせてもらってます。今度、車に積んでアウトドアでも弾いてみたいと思ってるんです!対岸に微かな光だけある海とか湖とか景色がキレイなところで・・・素敵ですよね。

ー角野隼斗の#部屋活ピアノー

  僕自身、昨年から今年にかけて、新型コロナウイルス拡大の影響で自宅で過ごす時間がとても増えました。それもあり、CASIOさんの「#部屋活ピアノ」というコンセプトには共感しています。ステイホームで自宅にいたときはずっとYouTubeの撮影や編集をしていましたからね・・・僕自身が1番、部屋活ピアノをやっていました(笑)。
  YouTubeを撮るときはいつも、ぱっとアイディアが浮かんできてそれを実際に弾いて形にしていく・・・どれをOKテイクにするかも自分で考えるので終わりがないんですよね。でもいつも楽しんで動画を作っています。パッと見ても面白いし、音楽の知識がある人が見ても楽しんでもらえるような動画作りを目指しています。例えば、ピアニカとピアノを同時に演奏している動画を何本かあげたことがあるのですが、ピアノを習っている小さい子供が真似してくれたりして、そういうのを観るととても嬉しくなりますね。こうやっていろいろな人に見てもらうことができるのもYouTubeならではだと思うので、これからも色んな演奏に挑戦していきたいです。

▼角野さん愛用のPrivia PX-S1000スペシャルサイトはこちら▼

ー生活に寄り添ってくれる音楽の魅力ー

  人の感情には「喜怒哀楽」がありますよね。悲しいことや辛い時ことがあった時に音楽を聴くと、その音楽によって気持ちが和らぐし、逆に楽しいことや嬉しいことがあった時に聞いた音楽は、楽しさや嬉しさが増幅してくれます。音楽の持つ潜在能力は無限大だと思っています。
  今回のテーマが「#部屋活ピアノ」ということで、最近はお家でピアノを始める人が増えていると聞きました。僕にとっては音楽を心で感じるということが何よりの幸せ。さらに、自分が弾けるようになるとそれがよりダイレクトになる。これからピアノを始めるという人には何よりもまず、自分の音楽を創り出す楽しさを感じてもらいたいと思っています。
  最近買ったばかりの砂時計を使って、15分を計りながら目的を決めてピアノを練習します。15分経ったらまたひっくり返して、15分間また違う練習・・・・・・。時間を忘れて、没頭してずっと弾いていることもあるんですけど、こうやって時間を区切ることでリフレッシュできますし、自分が今練習した事を振り返ることができるのがいいなと思っています。
  初心者におすすめの練習曲ですか?そうですね・・・僕も最近大先輩から教えていただいて知ったのですが、モーリツ・モシュコフスキーの練習曲。練習にもいいし、何より楽曲としてとてもいい。どうせならいい曲で練習したいじゃないですか(笑)。とてもオススメです。

  ピアノを弾いているときはいつも楽しいし、音楽は言語の壁すら越えられると思います。YouTubeでももっとやってみたいことがたくさんあるし、この#部屋活ピアノとのコラボでCASIOさんとも新たな企画を用意しています。これからも「Privia」を使って楽しい動画をたくさん配信していきますので応援よろしくお願いします!