パソコンと電子キーボードの接続方法
市販のサウンドブラスター用ジョイスティック-MIDI変換ケーブルを、
下記の図のように接続してください。
*1 サウンドブラスターボードおよび互換ボード搭載のDOS/V機(ジョイスティック端子付)
*2 ケーブルの「OUT」コネクタを、キーボードの「MIDI IN」端子へ
ケーブルの「IN」コネクタを、キーボードの「MIDI OUT」端子へ
重要!
接続を行う場合は、必ず接続するすべての機器およびそれらにつながっている周辺機器の電源を切った状態で行ってください。
ジョイスティック端子の位置はパソコンの機種によって異なることがあります。必ずお手元の機種の端子の位置をご確認の上、接続を行ってください。詳しくはパソコン、又はサウンドブラスターボード、互換ボードの取扱説明書をよくお読みください。
インターネット楽譜ナビソフトの使用中に、ケーブルの抜き差しを行わないでください。ソフトが正常に動作しなくなるばかりでなく、データが破壊されたり、キーボードやパソコン本体の故障の原因となります。
まず、お持ちのパソコンにサウンドブラスターまたはその互換ボード搭載でジョイスティック端子がついていることを確認してください。図1のような端子(Dsub15ピン)がついていればOKです。
市販のサウンドブラスター用ジョイスティック―MIDI変換ケーブル(図2)の図3のコネクタをパソコンの図1のコネクタに接続してください。
※サウンドブラスター用ジョイスティック-MIDI変換ケーブルの入手方法はこちらをご覧ください。
キーボードのMIDI端子(図4)にケーブル(図5)を接続してください。その際、ケーブルの「OUT」コネクタをキーボードの「MIDI IN」端子に、ケーブルの「IN」コネクタをキーボードの「MIDI OUT」端子に接続するように注意してください。
 
ご使用の前にお持ちのパソコン(サウンドブラスターボード、互換ボード)及びWindows® 98SE/Me/2000 Professional/XP Home Edition/XP Professionalの取扱説明書をよくお読みになって下さい。
ジョイスティック端子がついていないパソコンでも、市販のUSB対応MIDIインターフェースを使用することにより、キーボードと接続することができます。
ただしMIDIインターフェースによっては一部パソコンにて使用できない場合もございますので、ご購入の際は動作条件などじゅうぶんにご確認ください。
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
前のページへ戻る CASIO
© 2017 CASIO COMPUTER CO., LTD.