CELVIANO Grand Hybrid

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
「熱狂の日」音楽祭2017に参加
LA DANSE ラ・ダンス - 舞曲の祭典

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は、
2005年のスタート以来、2016年までに延べ726万人の来場者数を誇る、世界最大級のクラシック音楽祭です。
いまやゴールデンウィークシーズンにおける東京の風物詩となりつつあるこの音楽祭に、カシオは昨年に続き2017年の今回も参加。
ガラス棟地下1階ロビーギャラリー「OTTAVAオープンスタジオ」にて、
CELVIANO Grand Hybridによるミニコンサートと、実際に弾いて体験いただける場所の設置を行います。

  • 日程
    2017年5月4日(木・祝)・5日(金・祝)・6日(土)
  • 場所
    東京国際フォーラム  
    ガラス棟地下1階ロビーギャラリー
    OTTAVA オープンスタジオ(入場無料)
    OTTAVAオープンスタジオ
    (東京国際フォーラム ガラス棟地下1階ロビーギャラリー)

CELVIANO Grand Hybrid ミニコンサート

OTTAVAオープンスタジオに設置されたステージで、プロのピアニストによるミニコンサートを開催。
CELVIANO Grand Hybridの魅力を余すところなく堪能できる演奏とトークをお楽しみください。

  • ミニコンサート

    5月4日(木・祝)11:30-12:00 /
    5月5日(金・祝)11:30-12:00

    出演アーティスト: 
    ピアニスト 赤松林太郎


    ピアニスト 赤松林太郎

    2000年にクララ・シューマン国際ピアノコンクールにて第3位を受賞。国際コンクールでの受賞は10以上におよぶ。日本国内の主要ホールはもとよりアメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、コロンビア、台湾などの世界中で公演。近年では、ウィーン各地で室内楽コンサートをはじめ、ドナウ宮殿でのドナウ交響楽団との共演で成功を収める。今日、ブダペスト国際ピアノマスタークラス講師、洗足学園音楽大学客員教授を勤めている。




  • 5月6日(土)11:00-11:30
    出演アーティスト: 
    伊賀あゆみ&山口雅敏ピアノデュオ


    伊賀あゆみ&山口雅敏ピアノデュオ

    アクロバティックな4手の交差、ダイナミックな体の動き、そして個と個による異次元への化学反応。視覚をも魅力する連弾作品のみならず、オリジナル編曲や知られざる作曲家の作品を手掛ける伊賀あゆみ&山口雅敏ピアノデュオ。そのエンターテイメント性と鍵盤上のバトルともいえる演奏スタイルは“進化系”デュオと呼ばれている。「4Hands EVOLUTION」「ホロヴィッツへのオマージュ」の2枚のCDをリリース。伊賀さんは東京音楽大学講師、山口さんは神戸女子大学・大阪総合保育大学の非常勤講師を勤めている。



CELVIANO Grand Hybrid 試弾コーナー

  • 試弾コーナー
    5月4日(木・祝)~5月6日(土)
    10:30-20:00(3日間とも)

    OTTAVAオープンスタジオ内に試弾コーナーを設置。ミニコンサートでプロのピアニストの演奏により堪能いただいたCELVIANO Grand Hybridの魅力を、実際に弾いて確かめていただけます。試弾後、アンケートに答えていただいた方には、素敵なプレゼントを差し上げます!

インターネットラジオOTTAVA生放送

  • OTTAVA生放送
    5月4日(木・祝)~5月6日(土)
    14:00-18:00(3日間とも)

    日本唯一のクラシック専門インターネットラジオ局であり、音楽祭のアーティスティック・ディレクター ルネ・マルタン氏からは「ラ・フォル・ジュルネの相棒」とも呼ばれる「OTTAVA」によるライブ配信。スタジオにはCELVIANO Grand Hybridが常設されるので、ゲストで登場するピアニストたちによる生演奏が聴けるかも知れません。

    5月5日(金・祝)には、CELVIANO Grand Hybridミニコンサート出演ピアニストである赤松林太郎さんがゲスト出演!




ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
「熱狂の日」音楽祭2017とは

1995年にフランスのナントで誕生したラ・フォル・ジュルネは2005年、
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」として東京に上陸しました。
2007年には来場者数100万人を超え、2016年までに延べ726万人の来場者数記録。世界最大級の音楽祭に成長しています。そして迎えた今回2017年のテーマは「ラ・ダンス 舞曲の祭典」。

太古の昔より、人が踊るところにはいつも音楽が奏でられていました。最も原初的な表現行為であるダンスは、常に音楽とともに民衆の中から生まれ、ごく早い時期からクラシック音楽に影響を与えてきました。今年のラ・フォル・ジュルネでは、ルネサンスから今日まで 600 年間にわたるダンスと音楽の 密接な関係をたどります。 舞曲のわくわくするような躍動感と爆発的なエネルギーが、東京国際フォーラムを中心に大手町・丸の内・有楽町・銀座といった周辺エリアまで、会場全体にみなぎります。